生活情報誌「Mart(マート)」でピングーの新連載がスタート! ピングーがエコライフをナビゲート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

月刊Mart_PINGU連載2

生活情報誌「Mart(マート)」は、2020年4月27日発売6・7月合併号より新シリーズ「PINGUと楽しもう!すぐ役立つ!エコなライフハック(生活の知恵)」の連載を開始しています。
同連載は、エコをテーマに暮らしに役立つアイデアをピングーと一緒に親子で楽しみながら考えることをテーマとした企画。

2019年8月号より連載を開始し、食パンの袋の「バッククロージャー」や「キッチンペーパーの芯」など普段なら捨ててしまいがちなものを使ったリユース・アイデアを、ピングーが紹介してきました。
月刊Mart_PINGU連載3
▲ Mart2019年12月号 食パンの袋の「バッククロージャー」のリユース・アイデア

月刊Mart_PINGU連載4
▲ Mart2020年2月号 「キッチンペーパーの芯」を使ったリユース・アイデア

2020年6・7月合併号から、同企画をリニューアルし毎号で新シリーズの連載がスタート。

誌面では引き続きクレイ人形の「ピングー」がエコな暮らしをナビゲートします。クレイならではのピングーのかわいい表情にも注目。
同連載は2021年5月号まで連載が予定されています。

月刊Mart

■連載概要
雑誌名    :月刊Mart(マート)
発行     :株式会社光文社
連載タイトル :「PINGUと楽しもう!すぐ役立つ!エコなライフハック(生活の知恵)」
発行月    :2020年4月27日
内容     :ペットボトルやコスメの空き容器を再利用するなど、家にあるものを暮らしに役立つものに替えて、地球環境の良化につながる生活の知恵(lifehack)をピングーと考えるというのが連載のテーマ。読者である子育て中の主婦とそのお子さんが、ピングーを通して環境問題を意識し楽しみながら学ぶことを狙いとしています。
連載期間   :2020年4月~2021年3月
※連載内容は変更となる可能性があります。

ピングー40周年
■ピングー
株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツがマスターライセンスを保有するスイス生まれのキャラクター。
南極に住むピングーとなかまたちの日常がコミカルなタッチで描かれたストップモーション・アニメーション。スイスの映像作家、オットマー・グットマンによって1980年に誕生し、イギリスや日本など世界155以上の国と地域で放送された大人気クレイアニメーション作品です。
「ピングー」は今年2020年でパイロットフィルム発表から40周年を迎えました。2020年8月12日より40周年を記念した展覧会「ピングー展」が松屋銀座8階イベントスクエアにて開催予定です。
※展覧会は新型コロナウイルスの影響で開催延期や中止の場合もあります。
 詳しくは公式HPをご確認ください。

Ⓒ2020 JOKER

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

  1. あったかやわらかヘンプコットンWガーゼマスク
    日に日に涼しくなり、本格的な秋の訪れを感じるこの頃。暑い夏を涼しいマスクで乗り切った皆さん、マスクも…
  2. 夢はパティシエ★チムたんパンケーキ
    淡いパステルピンクでふわふわ♪ ファンシーなその姿に、今どきの「ゆめかわ」好きな世代もキュンとくる…
  3. 山のさんぽチャーム3個セット
    「withコロナ」生活。毎日をマスクで過ごす日々……。 どうせなら、少しでも気分をあげ…
  4. アマビエ 水木しげる アマビエ様 アマビコ
    (出典:水木プロダクション) クリエイターの描いたアマビエのイラスト編 アマビエのグッズ編…
  5. ヨゲンノトリ
    ▼『ファンシーWeb』公式Twitterフォローボタン Follow @FancyWeb1980 …
  6. 可愛い嘘のカワウソカフェ
    ※8月11日更新 「可愛い嘘のカワウソカフェ〜お庭でぬんぬん♪〜」が、大阪に続き、池袋PARC…
  7. ヘンプマスク
    この夏の時期に毎日のマスク着用で気になるのは、なんといっても「暑さ」ですよね。汗をかいたり摩擦が起こ…
  8. こびとづかんの夏祭り
    2020年8月8日(土)より、「こびとづかんの夏祭り~コビトをさがせ~in ツリービレッジ」の開…
  9. 快適マスクグッズ
    全国的に梅雨も明け、いよいよ夏本番!  コロナウイルスがいまだ猛威をふるう中、マスクをつけて過ごす…
  10. コロナが流行している現代の救世主として、一躍脚光を浴びた「アマビエ」。 日本にはアマビエの他に…

アーカイブ

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る