ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区 以下、SME)は、Peanuts Holdings LLCの約39%の持分を取得したことを発表した。
スヌーピー

取得金額は、ソニー本社の5月14日の発表によると、185 百万米ドル(約 204 億円*)で、一定の調整を経て決定するとされていた。
* 1米ドル=110 円として計算

これまで、Peanuts Holdings LLCの株式の80%を、DHX Media Ltd.(カナダ 以下、DHX Media)が保有していた。今回、DHX Mediaの持分のうち49%(Peanuts Holdings LLC全体の持分の約39%)を、SMEが間接的に取得。
その結果、DHX Mediaが約41%、SMEが約39%を保有することとなった。残りの20%は「ピーナッツ」の原作者 チャールズ M.シュルツのファミリーが引き続き保有する。

SMEの代表取締役 CEO 水野道訓氏は以下のようにコメントを発表した。
SME_水野道訓CEO
【株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント 代表取締役 CEO 水野道訓氏コメント】
1950年の誕生以来世界中で愛されている、スヌーピーでお馴染みの「ピーナッツ(原作者:チャールズ M. シュルツ氏)」ですが、日本での人気は非常に高く、関連キャラクター商品の売上は、全世界の売上額の約4割を占めているとも言われています。日本では、ソニーミュージックグループの中でキャラクタービジネスを展開する株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツが、2009年に「ピーナッツ」の国内独占エージェント権を獲得して以来、国内のライセンス展開を先導し、リテールを中心に市場を大きく成長させてまいりました。

また、2016 年 4 月には、米国以外では初となるオフィシャルミュージアムとして「スヌーピーミュージアム」を東京・六本木にオープンさせ、今年3月には来場者数が100万人を突破するなど、キャラクタービジネスの新領域を切り開くことにも成功しました。今後も、我々ソニーミュージックグループが持つリソースやIPビジネスのノウハウを活用しながら、シュルツ・ファミリーの皆さま、そしてCEOのマイケル・ドノバン氏を始めとする、ジョイントベンチャーパートナーのDHX Mediaとともに、「ピーナッツ」の素晴らしさをより多くの方々にお届けできることを喜びとして、尽力していきたいと考えております。

参考情報

■「ピーナッツ」について
スヌーピーでおなじみのコミック「ピーナッツ」(原題:PEANUTS/原作者:チャールズ M.シュルツ)は、1950年10月2日にアメリカの7紙で連載がスタート。 現在も75カ国21の言語、2,200紙で掲載されており、2020年には生誕70周年を迎える。

■DHX Mediaについて
DHX Mediaは子供向けのコンテンツやブランドを保有する大手企業で、「ピーナッツ」をはじめ、「テレタビーズ」、「ストロベリーショートケーキ」、「ケイルー」、「ガジェット警部」のほか、高い評価を受けている「デグラッシ」シリーズといった資産を保有していることで世界的に知られている。子供向け番組制作における世界的な大手企業として、DHX Mediaが保有する子供向け30分番組のライブラリーは世界最大の13,000に上り、これらのグローバルな消費者向けコンテンツを世界中の放送局やストリーミングサービス事業者へ提供することにより、ロイヤリティ収益を生み出している。また、DHX Mediaは子会社であるWildBrain社を通じて、YouTube内最大の子供向けチャンネルの一つを運営。DHX Mediaはカナダに本社を置き、全世界に事業拠点を持っている。

関連記事

最新号

  1. ファンシーショップ180810最新号
    [ファンシーショップ 877号] トップニュース スイーツモチーフのキッズコスメ SH…
  2. ファンシーショップ180725最新号
    [ファンシーショップ 876号] トップニュース 2018年サンリオキャラクター大賞 …
  3. [ファンシーショップ 875号] <トップニュース> タカラトミーアーツのIoT玩具 …

セミナー・名刺交換会

  1. 異業種交歓会_マルイ

おすすめ記事

  1. コウペンちゃんアイキャッチ画像
    2018年上半期のヒットキャラクター 「コウペンちゃん」特集 「出勤してえらい」「すご〜…
  2. ◆おもちゃショーの注目コンテンツ! ダンボールのダース・ベイダー ショウワノート(富山県…
  3. 2018年9月24日、いよいよ閉館 2016年4月に開館し、2018年3月29日に100万人の…

セミナー・名刺交換会

  1. 異業種交歓会_マルイ
ページ上部へ戻る