ハロウィン合同展示会「コス・ハロフェスタ2018 」レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「コス・ハロ フェスタ2018」
コンセプトは〝コスプレ×ハロウィン〟

3月14日〜16日、都立産業貿易センター台東館(東京都台東区)で、ハロウィン関連メーカーの合同展示会「コス・ハロ フェスタ2018」が行われた。

■ コス・ハロ フェスタ2018とは?

開催3回目を迎えたハロウィン関連メーカー8社の合同展示会。2018年は、各社が変身することに強いこだわりのあるコスプレのようなハロウィン仮装を提案。また、特設ステージでは、コスプレイヤーを招いたトークショーを行い、コスプレのテクニックや市場状況などを、来場者に伝えた。
るしゃさんトークショー(コス・ハロフェスタ出展社)
▲人気コスプレイヤー LeChat(るしゃ)さんのトークショー

提案コーナー(コス・ハロ)
▲提案コーナー(POPを使って省スペース化した売場が出現)

■ メーカー 8社が今年の新商品などを披露

世界最大のコスチュームメーカー ルービーズ・ジャパン、おしゃれなパーティーグッズのジグ、高品質のラバーマスクのオガワスタジオ、発光体の老舗 ルミカ、急成長フェイスペイントのPOOL(ミラクルペイント)、キュートな着ぐるみのサザック、キャラクターアパレル&雑貨メーカーのコスパ、ブランドコスチュームメーカーのユニエンタープライズの8社が出展。約3,000種類の関連商品から選りすぐりの逸品を展示した。以下、各社の注目商品を紹介する。

[株式会社ルミカ]
ハロウィンで使える、光るアイテムの需要拡大を図る。昨年も好調だった、光る杖「ハロウィンワンド」や、光る帽子「ファンシーキャップ」は、Instagram用の写真撮影の小道具にも最適。
ルミカ(コス・ハロフェスタ出展社)
▲「ハロウィンワンド」
7種 各¥360+税 発売中[株式会社ルミカ]

[株式会社ルービーズ・ジャパン]
ディズニープリンセスのコスチュームは今年も大定番。ポイントは、着やすいデザイン。ロング丈やミドル丈のワンピースなど、アパレルのような雰囲気。
ルービーズ・ジャパン(コス・ハロフェスタ出展社)
▲「ディズニープリンセス 女性用コスチューム」
ベル¥7,990+税、シンデレラ¥6,990+税など[株式会社ルービーズ・ジャパン]

ⒸDisney

[株式会社ユニエンタープライズ]
レディースコスチュームの「CLUB QUEEN」、メンズコスチューム「CLUB KING」、武器などの小道具「UNITON」を展開。特に女性向けが好調で、例年、アーミーやポリスの人気が高い。
ユニエンタープライズ(コス・ハロフェスタ出展社)
▲「CLUB QUEEN」、「CLUB KING」、「UNITON」など
[株式会社ユニエンタープライズ]

[株式会社POOL]
フェイスペイント用絵の具「ミラクルペイント」に、大容量セットが新登場。50個+4個のおまけ付きで、お菓子などと一緒に配るのに便利。5月には日の丸などが描ける日本応援セット、8月にはハロウィンセットを発売。
POOL(コス・ハロフェスタ出展社)
▲「ミラクルペイント」
ハロウィンセット ¥450+税 8月発売予定[株式会社POOL]

※パッケージデザインは大幅に変更予定。

[株式会社ジグ]
女性の好きな食べものをコスチュームにした「食べ!?コス!」シリーズに、お寿司ネタデザインが新登場する。
また、ワンポイントメイクを強化。キッズメイクの需要拡大を意識し、黒猫やパンプキンなどのメイクシールを発売予定。
ジグ(コスハロフェスタ出展社)
▲「食べ!?コス! お寿司ネタ」
[株式会社ジグ]

[株式会社サザック]
人気の着ぐるみは、年間1億5千万本売れる国民的菓子「うまい棒」が新登場。袋から飛び出したスナック菓子の色まで再現。
インスタ映えする「シンデレラ城」などの転写プリントカーテンと、サンリオキャラクターの変身甚平も提案!
サザック(コス・ハロフェスタ出展社)
うまい棒コピーライト
▲「うまい棒 ウレタンコスチューム」
[株式会社サザック]

[株式会社コスパ]
シリーズ誕生15周年に沸く「ふたりはプリキュア」のコスチュームが新登場。実写映画化が話題の「BLEACH」の衣装も。
コスパ(コス・ハロフェスタ出展社)
▲「ふたりはプリキュア コスチュームセット」
キュアブラック、キュアホワイト 各¥13,800+税[株式会社コスパ]

Ⓒ ABC-A・東映アニメーション

[株式会社オガワスタジオ]
ハロウィン仮装を盛り上げるラバーマスクを多数提案。
「あにまるメガネ」は、リアルな動物の鼻パーツが付いたメガネ。かけるだけで手軽に動物に変身できる。
オガワスタジオ(コス・ハロフェスタ出展社)
▲「あにまるメガネ」
ブタ、うさぎなど 各¥980+税[株式会社オガワスタジオ]

2018年のハロウィンは、コスプレも交えて仮装のクオリティが向上しそう。さらに、日本独自の進化を遂げそうだ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

  1. アマビエ 水木しげる アマビエ様 アマビコ

    2020-8-7

    コロナに負けるな!疫病退散!! いま話題の「アマビエ(アマビコ)」集めてみました♪ イラスト編・グッズ編・お菓子編・つくってみた編 

    (出典:水木プロダクション) クリエイターの描いたアマビエのイラスト編 アマビエのグッズ編…
  2. ヨゲンノトリ

    2020-8-7

    アマビエに続く救世主!?「ヨゲンノトリ」が登場!!

    ▼『ファンシーWeb』公式Twitterフォローボタン Follow @FancyWeb1980 …
  3. こびとづかんの夏祭り

    2020-8-6

    こびとづかん日本初のテーマカフェ「こびとづかんの夏祭り~コビトをさがせ〜in ツリービレッジ」開催決定!

    2020年8月8日(土)より、「こびとづかんの夏祭り~コビトをさがせ~in ツリービレッジ」の開…
  4. 快適マスクグッズ

    2020-8-6

    マスク生活を快適に過ごす画期的アイテム!「快適マスクシート」&「快適マスクベルト」使ってみました

    全国的に梅雨も明け、いよいよ夏本番!  コロナウイルスがいまだ猛威をふるう中、マスクをつけて過ごす…
  5. 2020-8-4

    アマビエだけじゃない!未来を予知する予言獣特集

    コロナが流行している現代の救世主として、一躍脚光を浴びた「アマビエ」。 日本にはアマビエの他に…


※Twitterでもニュース配信中です!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




店舗への無料の集客方法、あります
ページ上部へ戻る