LAIMOが都内の〝台湾カフェ〟とコラボレーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

日本と台湾をコーヒーでつなぐDOMO CAFÉ
台湾と日本のコーヒーを提供するDOMO CAFÉ(ドウモカフェ)は2017年9月、新大久保にオープンした。カフェの運営は、台湾に拠点を置くDOMO(ドウモ)株式会社。“日本と台湾をコーヒーでつなぐ”をコンセプトとし、日本、台湾などの多くの人が訪れている。

“LAIMO”コラボメニュー

2017年12月より、DOMO CAFÉでは台湾の人気キャラクター“LAIMO”とのコラボレーションをスタートした。
コラボメニューとして、「タピオカラテ(アイス/ホット)」と「ティラミス」を発売。
コーヒーとタピオカを合わせることは非常に難しく、1年間かけ遂に完成したメニューだ。

laimo_cafemenu

●タピオカラテ(アイス/ホット)……モチモチとしたタピオカに優しい甘さの黒蜜を加え、エスプレッソにたっぷりのスチームミルクを注いだ新しいコーヒーの味わい
●ティラミス……スポンジケーキには、カフェ・ヴェルディによるオリジナルのコーヒーを使用。コーヒーのほのかな香りとマスカルポーネチーズの滑らかで絶妙な口当たりが特徴。

※タピオカラテ+ティラミスのセットのみの提供(価格:1,080円/税抜き)
※LAIMOメニューは2018年春先まで提供予定(数量限定につき、数量に達したら販売終了となる)。

“LAIMO”の作家・Cherngさんによる巨大壁画!

また、カフェ敷地内には、 “LAIMO”の作家であるCherngさんが初の巨大壁画を描いた。
写真(↓)は、2017年12月14日、関係者とメディアの前で壁画を完成させたCherngさん。
Cherng_sign

横幅約14m×高さ約4mという巨大壁画。
コーヒーの実と風船を連動させた幻想的な世界が描かれており、そのいたるところにLAIMOがいる。
laimo_domo_wallart

見て楽しむだけでなく、絵の中の世界に入って写真を撮ることができ、インスタ映え間違いなし!
以下、作家のCherngさんとLAIMOの可愛い“共演”写真。
Cherng4

Cherng3

Cherng2

Cherng1

*LAIMOコラボレーション壁アートは2018年末までの展開予定。

◆ LAIMO(ライモ)
台湾人の作者・Cherngさんにより、2011年にFacebookから生まれたキャラクター。ブラックユーモア満載で、高校生から30代の男女の間で注目を集める。ひねくれた発言に共感する声が多数。

◆ DOMO CAFÉ(ドウモカフェ)
東京都 新宿区 百人町 1-15-29 PATIO新宿G2
03-3360-2545
9:00~22:00 不定休
https://www.facebook.com/tokyodomocafe/

laimo_domo

©Cherng, Licensed by HIM Music

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

  1. あったかやわらかヘンプコットンWガーゼマスク
    日に日に涼しくなり、本格的な秋の訪れを感じるこの頃。暑い夏を涼しいマスクで乗り切った皆さん、マスクも…
  2. 夢はパティシエ★チムたんパンケーキ
    淡いパステルピンクでふわふわ♪ ファンシーなその姿に、今どきの「ゆめかわ」好きな世代もキュンとくる…
  3. 山のさんぽチャーム3個セット
    「withコロナ」生活。毎日をマスクで過ごす日々……。 どうせなら、少しでも気分をあげ…
  4. アマビエ 水木しげる アマビエ様 アマビコ
    (出典:水木プロダクション) クリエイターの描いたアマビエのイラスト編 アマビエのグッズ編…
  5. ヨゲンノトリ
    ▼『ファンシーWeb』公式Twitterフォローボタン Follow @FancyWeb1980 …
  6. 可愛い嘘のカワウソカフェ
    ※8月11日更新 「可愛い嘘のカワウソカフェ〜お庭でぬんぬん♪〜」が、大阪に続き、池袋PARC…
  7. ヘンプマスク
    この夏の時期に毎日のマスク着用で気になるのは、なんといっても「暑さ」ですよね。汗をかいたり摩擦が起こ…
  8. こびとづかんの夏祭り
    2020年8月8日(土)より、「こびとづかんの夏祭り~コビトをさがせ~in ツリービレッジ」の開…
  9. 快適マスクグッズ
    全国的に梅雨も明け、いよいよ夏本番!  コロナウイルスがいまだ猛威をふるう中、マスクをつけて過ごす…
  10. コロナが流行している現代の救世主として、一躍脚光を浴びた「アマビエ」。 日本にはアマビエの他に…

アーカイブ

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る