特集・Halloween 2〜今年はギフトにも!POOLのミラクルペイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

[特集・Halloween]
今のハロウィン市場は、コアユーザーの成熟度が増し、ライトユーザーとの分化が進む中で、展開方法が難しくなっている。秋の売場作りに欠かせない巨大な市場の攻略のカギは一体何か。メーカー各社の商品戦略などを交えて特集する。
特集 第2弾は、ハロウィン市場で急成長を遂げているメイクグッズを紹介する。

ハロウィンギフトは
社会への投資になる

【POOL】

2009年にWEB系コンサルティング会社として創業。つまんではがせるフェイスペイント用絵の具「ミラクルペイント」の営業権と製造権を取得し、同商品の売り上げを4年で16倍に拡大。コト消費が進む中でモノだけでなく、モノが売れる仕組みまでも提案するのが同社の強み。
つまんではがせるミラクルペイント

◆浪費を投資に変える
「今年は、『配ってワーイ! あそんでイェーイ!』をスローガンに、ハロウィンギフトに取り組みます。
子供達にお菓子を配る『トリック・オア・トリート』のようなイベントに、お菓子と一緒に『ミラクルペイント(以下、ミラペ)』を大量に配ってもらおうと考えています。今はお金をかけずにスマホで楽しいコトを探す時代なので、お金をかけるにはそれなりの価値が必要です。自分が楽しむモノに使うお金は浪費と捉えられがちですが、家族や仲間と楽しむコトに使うと投資に変わります。1本100円台のミラペをギフトにすることで、誰とでもリーズナブルに盛り上がれて、楽しい。また、人にあげるモノは予算も自然と大きくなります。魅力のある社会派のギフトになると思っています」。

◆ギフト向きの新商品
「新商品『みんなで遊ぶ!』シリーズは、ひげや猫など、ワンポイントのフェイスペイントが簡単にできるキットです。絵の具2本と描き方ガイドがセットになっており、スターターキットにもなります。カントリーマアムのように配って喜ばれ、黒ひげ危機一発のように遊んで楽しめる商品です」。

POOLミラクルペイント

◆フェイスペイントは、販売スタッフのサブスキルになる
「当社では、フェイスペイントの資格スクールやイベントの講習会などの教育事業も行っています。また、お客様にメイクを施すイベントは美容師法で適正な資格が必要ですが、この点をクリアできるのは水を使わずにつまんではがせるミラペによる販促イベントならではです。スタッフはメイクの技術や接客の心得が身につき、それが顧客へのサービスの向上にもつながります」。

遊びやすさがアップ!大人気のメイクグッズ「ミラクルペイント」

ミラクルペイントのラインナップ
-ラインナップ-
「みんなで遊ぶ!」(絵の具と書き方ガイドのキット)全5種 各250円
「絵の具 単色」基本12色+蛍光6色 各120円など
「6色ペンセット」 750円〜
「ステンシル」10枚入 300円

 

POOL 代表取締役(兼 日本イベントプロデュース協会 理事)
中村友哉氏に聞く

「ハロウィン & フェイスペイントの意義とは?」

“コト”を売るエンタメ力

「私は、ハロウィンをブームとしてではなく、エンタメ力と社会性のある文化として見ており、今後ますます地域や家庭に普及すると考えています。
今年のハロウィンをさらに盛り上げるために、『パーティーペイント』を打ち出しました。日本ホームパーティー協会と協力して、ハロウィンパーティーの実施を呼びかけ、そのコンテンツとしてフェイスペイントをするという趣向です。参加者が受け身になるイベントとは違い、パーティーではユーザーが中心になって楽しさを生み出し、発信してくれます。
また、ミラペは、地方創世の場での活用が進んでいます。まちづくり、コミュニティづくり、ひとづくり等にエンタメ感を加えるツールとして注目されています。日本人は恥ずかしがり屋気質でエンターテイナー向きでないと言われますが、フェイスペイントは気恥ずかしさを和らげ、積極性を生みます。
教育現場ではダンスが必修になっていますが、これは、これからの人材にはエンタメ力が必要だと考えられているからです。モノだけでは売れない今、お店にもコトを主体にして売るエンタメ力が必要です。ハロウィンもフェイスペイントも、お店のエンタメ力を引き出します」。

-Goods Infomation-
■商品名:「ミラクルペイント」シリーズ
■価 格:「絵の具 単色」基本12色+蛍光6色 各120円+税など
■発売元:POOL

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

おすすめ記事

  1. あったかやわらかヘンプコットンWガーゼマスク
    日に日に涼しくなり、本格的な秋の訪れを感じるこの頃。暑い夏を涼しいマスクで乗り切った皆さん、マスクも…
  2. 夢はパティシエ★チムたんパンケーキ
    淡いパステルピンクでふわふわ♪ ファンシーなその姿に、今どきの「ゆめかわ」好きな世代もキュンとくる…
  3. 山のさんぽチャーム3個セット
    「withコロナ」生活。毎日をマスクで過ごす日々……。 どうせなら、少しでも気分をあげ…
  4. アマビエ 水木しげる アマビエ様 アマビコ
    (出典:水木プロダクション) クリエイターの描いたアマビエのイラスト編 アマビエのグッズ編…
  5. ヨゲンノトリ
    ▼『ファンシーWeb』公式Twitterフォローボタン Follow @FancyWeb1980 …
  6. 可愛い嘘のカワウソカフェ
    ※8月11日更新 「可愛い嘘のカワウソカフェ〜お庭でぬんぬん♪〜」が、大阪に続き、池袋PARC…
  7. ヘンプマスク
    この夏の時期に毎日のマスク着用で気になるのは、なんといっても「暑さ」ですよね。汗をかいたり摩擦が起こ…
  8. こびとづかんの夏祭り
    2020年8月8日(土)より、「こびとづかんの夏祭り~コビトをさがせ~in ツリービレッジ」の開…
  9. 快適マスクグッズ
    全国的に梅雨も明け、いよいよ夏本番!  コロナウイルスがいまだ猛威をふるう中、マスクをつけて過ごす…
  10. コロナが流行している現代の救世主として、一躍脚光を浴びた「アマビエ」。 日本にはアマビエの他に…

アーカイブ

スポンサーリンク




ページ上部へ戻る